強い紫外線を浴びたときになるべく肌のダメージを抑える方法を3種類ご紹介します。1.日焼けして赤くなっている場所を冷やす2.いつもより多めに化粧水をはたいてきちんと潤いを保つ3.シミにさせないためにもはがれてきた皮を剥いては絶対に駄目です。
美白は1995年から1999年頃にかけて美容家で化粧品会社創業者の鈴木その子の活躍とともにブームになったが、それより前からメラニン増加が原因の黒ずみ対策のタームとして使用されていたようだ。
アトピー性皮膚炎とは、アレルギー症状と関係している状態の中で皮ふの強い症状(湿疹・掻痒感など)が現れるものであり要するに過敏症の一種なのである。
見た目を整えることで気持ちが活発になっておおらかになるのは、顔に悩みの有る人も無い人も一緒。私たちは化粧を自分自身で元気をもたらす最善の方法だと信じているのです。
内臓の健康度を数値で見ることができる便利な機械があります。『ノイロメーター』という名称の医療機器で、自律神経の様子を調べて、内臓のトラブルを確認しようという内容のものです。
頭皮は顔の皮ふとつながっていて、おでこもスカルプと等しいものと考えるのをあなたは知っていましたか。加齢に従いスカルプがたるんでくると、フェイスラインの弛みの主因となります。
審美歯科(cosmetic dentistry)とは、第一に美しさを考えたトータルな歯科医療のこと。歯の持つ働きには物を噛むなど機能的な一面と、審美的な側面があるが、いずれも健康面では大事な要素だということができる。
尿素(urea)の溶けた水とグリセリンにヒアルロン酸を添加して作られた美肌水はお肌に優しく、ドライスキンの方に適しています。防腐剤や芳香剤など余分な成分を利用していないため、お肌のナイーブな人でも使用できるのが特長です。
顔の加齢印象を強める最も大きな元凶のひとつが、歯に付着した”蓄積クスミ”です。歯の外側には、見えない凸凹があり、暮らしの中で黄ばみやタバコのヤニ汚れが溜まりやすくなります。
女性誌においてさもリンパの滞りの代表格であるかのように掲載されている「むくみ」には大別して、体に病気が潜伏している浮腫と、病気ではない健康な人にもみられるむくみがあると言われている。
更に日々のストレスで、精神にも毒物は山のごとく蓄積してしまい、同時に体の不具合ももたらす。こうした「心身ともに毒まみれ」という意識が、多くの人をデトックスに駆り立ててやまない。
頭皮ケアの主だったねらいとは健康的は髪の毛を保つことだといえます。毛髪の水分が失われてパサパサしたり抜け毛が多くなるなど、多数の人が頭髪のトラブルを持っているのです。
最近新たに脚光を浴びている頭皮ケアは通称スカルプケアとも言われています。スカルプは髪の問題の代表である抜け毛や薄毛などに非常に深く関わっていると供に、フェイスラインの崩れやたるみなどにも影響を及ぼすと考えられています。
アトピーという言葉は「不特定な場所」という意味のアトポスというギリシャ語に由来して、「遺伝的な原因を持つ人に出現する即時型のアレルギー反応に基づく病気」の事を指して名付けられたと考えられている。
日本人が「デトックス」に惹かれてしまう大きな理由として思いつくのは、我々日本人が暮らしている環境が悪いことにある。空気や土壌は化学物質で汚れ、コメなどの食物には作用の強い化学肥料や危険な農薬がふんだんに使われていると宣伝されているのだから無理もない。