睡眠時間が足りないと人の肌にどんな悪影響をもたらすのかお分かりですか?その代表のひとつは皮ふの新陳代謝の遅れです。健康なら28日単位である肌の生まれ変わる周期が遅れがちになります。
リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という言葉には、身体の機能に損傷を被った人のリハビリと同様、容貌に損傷を受けた人が社会へ踏み出すために覚える技能という意味が込められています。
思春期は過ぎているのに発生する難治性の“大人ニキビ”の症例が徐々に多くなっている。もう10年以上もこうした大人ニキビに悩み続けている人が専門クリニックに来ている。
よく美容雑誌でまるでリンパ液の滞りの代表格であるかのように書かれる「浮腫」には大きく2種類に分けると、体の内側に隠れている病気によるむくみと、なにも病気を持っていない人でも現れる浮腫があると言われている。
押すと元通りになる弾むような肌のハリ。これを作り出しているのは、化粧品でおなじみのコラーゲン、つまりはタンパク質です。バネの機能を持つコラーゲンがちゃんと皮ふを下支えしていれば、嫌な弛みとは無関係でいられます。
患者はそれぞれ一人一人肌質は異なりますし、先天的なものによるドライ肌なのか、生活習慣など後天性のものによるドライ肌なのかに応じて対応が変わりますので、想像以上に配慮を要します。
何となくパソコンやスマホの画面に釘付けになっていて、眉間にはシワ、なおかつへの字口(ちなみに私は「富士山口」と勝手に名付けました)なのでは?これはお肌の大敵です。
ヒアルロン酸(hyaluronic acid)はヒトの細胞間に多く存在しており、水分を保ったりクッション材のような作用をして細胞を擁護していますが、年齢を重ねるにつれて体の中のヒアルロン酸はどんどん減ります。
あなたには、自分の内臓は元気であると言える自信がおありですか?“痩せられない”“肌が荒れてしまう”などの美容に関するトラブルにも、意外に思われるかもしれませんが内臓の健康度が関係しているのです!
押すと返す肌の弾力感。これを保持しているのは、かの有名なコラーゲンなのです。バネの役目をするコラーゲンがきちんと皮膚を持ち上げていれば、嫌なたるみとは無縁でいられるのです。
押すと返す皮膚のハリ。これを左右しているのは、かの有名なコラーゲン、すなわちたんぱく質です。バネの機能を持つコラーゲンが充分に皮ふを下支えしていれば、嫌な弛みとは無関係というわけです。
全身に張り巡らされているリンパ管に沿うようにして進んでいる血液の流動が鈍化してしまうと、人体に欠かせない栄養や酸素が配られにくくなり、最終的には余分な脂肪を多く溜めさせる元凶となります。
美白ブームには、90年代前半からじわじわと女子高生などに取り入れられたガングロなど、不自然なほど酷く日焼けする独特なギャル文化への対抗とも取れる考え方が入っているのだ。
化粧の長所:自分自身の顔立ちが少し好きになれる。顔に存在しているニキビ跡・くすみ・毛穴・そばかす・ひっかき傷を隠すことができる。だんだんとキレイになっていくという面白さ。
唇の両端、即ち口角が下がっていると、皮膚のたるみは加速的に目立つようになっていきます。ニコッと唇の両端を持ち上げて笑顔を作れば、たるみの防止にもなるし、何より人に与える印象が美しいと思います。